私の、仕事に対する姿勢や考え

  •  他の社労士に比べて、「聞く力」と「ことば化して伝える力」が強いのが強みです。

 

  •  法律的に正しいことを話すだけが私の仕事ではありません。あなたの悩みをとことんお聞きし、問題解決に一緒に考えることで、安心して頂くことが私の仕事です。

 

  •  現状を整理し、「いま何が問題か?」「本当の悩みは何か?」を明確にしたうえで、「どうなりたいか?」「目指すゴールは?」をお互いに確認に、順番にできるところから、現実的なアドバイスをするよう努めています。

 

  •  結果としてコンプライアンスも満たされ、ヒトとお金が残るいい会社に体質が変わることを目指しています。

 

  • 法律論を説くだけで問題が解決するとは考えておりません。なぜなら会社はヒトで成り立っているからです。感情や共感を意識した解決策をご提示するようにしています。

 

  •  悪意がなくても、法律や制度を知らなかったばかりに、ブラック企業と言われてしまうことがあります。社員想いの社長がそうしたことならないよう守ります。

 

  •  法律は制限されるものでも縛られるものでもありません。味方にしてめいっぱい活用するものだと思っています。

 

  •  ただし、決して法律を軽んじているわけではありません。法律をきちんと守り(守れる状態にして)、その枠組みの中で、法律を最大限活用することで、会社の発展をお手伝いしたいと考えています。したがって、脱法行為や法の抜け道の指南を期待する方にはお役にたてません。